あたし……


九条くんと両思いになれたんだ?


次の日になっても、九条くんと話せたことが嘘みたいで、あたしは昨日のことを、まだ信じられないでいた。









いつものように学校の門をくぐり、教室へと向かう。


ガヤガヤ……。


廊下を歩いていると、廊下の脇に立っている女子からやたらと注目を浴びてる気がしていた。


……みんなに見られてる気がするけど、気のせいだよね?



この作品のキーワード
思い出  片思い  高校生  秘密  胸キュン  ヤンキー  不器用  地味子  青春  再会