「まさか泣き上戸だったとは思わなかった」


ホテルを出て寄ったのは、居酒屋。

メニューは居酒屋って感じだけど、店内はカフェみたいな雰囲気だった。
個室に分かれてるし、和モダンって感じで雰囲気がやたらといい。
席だって、掘りごたつだし。

私と宮坂もその一室に案内されて、適当に料理を頼んだ。
けど、飲み物は……。


「これ、ジンジャエールだもん……。
知ってるくせに!」


私も宮坂もソフトドリンク。
私はこないだの失敗も踏まえて、自主的に。
宮坂にはビールを勧めたけど、そんな気分でもないとかでウーロン茶。

テーブルに並んでる料理は、7割方食べ終わっていた。
満腹を感じたところで、イライラとかショックとか、色んな感情が溢れて。

涙のダムが決壊した。




この作品のキーワード
オフィス  同期  社長  甘い  三角関係  恋人  草食  キス  政略結婚  上司