「んー・・・っ」


「おはよう。綾香」

んぎゃっ!?!?

なぜか私はお兄ちゃんと一緒に布団の中にいた。


「ななななんで!!??お兄ちゃん!!??」


「昨日綾香いつのまにか寝ちゃってて、一人に出来ないから泊まっちゃった♪」

お兄ちゃんはニッと爽やかな笑顔を浮かべた。

そっか、あのまま私、寝ちゃってたんだ・・。

それにしても、昨日は良く泣いたな・・。

あっ・・・ていうか、今何時よ!?!?

枕元にある時計を確認すると8時を回っていた。

やばい・・遅刻する!!!!


でも、昨日あんな事あって気まづいし・・学校行きたくないなあ。

まあ、とりあえずお兄ちゃんいるし、朝食作りますかあー。

私はパチンと頭を覚ますようにほっぺを叩いて、布団から起き上がろうとした時だった。


この作品のキーワード
地味子  暴走族  野いちごGP  溺愛  クール  俺様  美少女  不良  逆ハーレム  双子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。