そんなある日の昼下がり。  

仕事が休みだった私は、特にすることもなかったから、買い物がてら表参道まで愛車で出掛けようと車に乗り込んだ。


朝から晴れ渡る青空。


天気がいいだけで、気分も明るくなる。


お気に入りのCDを口ずさみながら快適なドライブを楽しんでいた。


――と、そのときだった。

思わぬアクシデントに遭遇した。 


ちょうど、山手通りから明治通りへ抜ける十字路でのことだった。 


直進していた私の元へ、左側から黒いワンボックスカーが接近してきて……


「きゃぁーっ」


物凄い爆音とともに、車体に衝撃が走った――。



この作品のキーワード
兄弟    切ない  別れ  葛藤  事故  司法試験  弁護士  大人の恋愛  三角関係 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。