ー数日後。



最近、ずっと思っていた。



全然つばきちゃんを見ていないことに。



本当にどうしたんだろうか。



西野くんにべったりくっついているのも見なくなったし。



うーん…



お前、本当につばきのこと好きだなって言われるのを覚悟して西野くんに聞きに言ってみようかな。



「ひとみ、あたしちょっと西野くんのところ行ってくる。」



「はーい!行ってらっしゃい。」



必死に次の授業に提出する宿題を片付けるひとみに言って、あたしは教室を出た。



西野くんの教室を覗いてみると、イケメンコンテストのおかげでさらに人気が出たみたいで西野くんとハルくんは女子達に囲まれていた。



どうしよっかな。



西野くんに連絡してから来れば良かったなぁ。



あんな人がいる中で「西野くん!」…なんて呼べないよ。



呼んでも気付いてくれなかったら虚しすぎるし。



また後にしよう、放課後くらいには人が減るかなって思っていたら…



バチッとハルくんと目が合った。



あたしがペコっと頭を下げるとすぐに西野くんに声を掛けてくれて、西野くんが出てきてくれた。





この作品のキーワード
不機嫌  クール  高校生  王子様  溺愛  嫉妬  冷たい  イケメン  胸キュン  無愛想