―――「ねえ……潤…、
キス……して…」

…上目遣いで彼の端正な横顔を見上げてお願いしてみる。


「は?」

彼は私の呼び掛けに、携帯からようやく目を離し私を見た。


「…今?……何で」

その薄い唇から低く小さな声で呟くように聞き返してくる。


「……何で、…って…。
……してほしいから」

負けじと再びお願いする。

すると彼は今度は、はぁ、と軽くため息を漏らして、言った。


―――「面倒臭ぇ女」




この作品のキーワード
御曹司  禁断  上司  イケメン  婚約  切ない  純愛  オフィスラブ  誘惑  政略結婚