「比奈子!!」

彼女は、いた。

床に座り込み、顔を両手で覆って嗚咽を漏らして…。

深い悲しみに暮れる比奈子を目の当たりにして俺の目頭も次第に熱くなっていく。

…深く、傷付けた。
俺が………。


彼女は今までどれだけ俺のためにこうして泣いてきたのだろうか。

そこまで傷付けられるリスクを負ってまで、何故、俺が好きなんだろう。


なあ、比奈子。
疲れないのか?
…痛く…ないのか?

それでも…俺が…、好きなのか?




この作品のキーワード
御曹司  禁断  上司  イケメン  婚約  切ない  純愛  オフィスラブ  誘惑  政略結婚