――――

「潤…愛してる…、
もっと……抱き締めて…」

――夜…。
窓からの月の光だけが妖しく輝く闇の中…。


限りなく飢えた獣のように俺を求める比奈子を言われるがままに強く抱き締める。

もう、…俺の全てが彼女の言いなりだ…。


「…比奈子……、……っ…」

人の欲望に、果たして限りはあるのか…。

これまで数え切れない程、この腕に抱いて、知り尽くしたはずの比奈子の身体に……今夜もさらに欲情する。




この作品のキーワード
御曹司  禁断  上司  イケメン  婚約  切ない  純愛  オフィスラブ  誘惑  政略結婚