そう…
はじめに知ったのは、声

それから突然あたしを抱きしめた、温かい腕だった


名前は知らない


知らなくても恋は始まるのだと

運命が教えてくれた
22歳の冬…


――――――――――

Last Love Letter

2011.11.15~2012.2.5

好評発売中

あらすじを見る
派遣OLの美園は恋愛下手で、今日も深夜の公園で別れ話。すると見知らぬイケメンが現れ、美園の名を呼び抱きしめたかと思えば姿を消した。どうしても彼のことが気になっていると、翌日、再び遭遇し窮地を救われる。行き場がないと言う彼を自宅に泊めると、シロと名乗る彼は美園の過去を見てきたかのように言い当てた。不思議に思いつつも、美園はシロこそが運命のヒトではないかと予感する。

ベリーズ文庫

運命のヒト
運命のヒト
amazonで買う
楽天で買う
パピレスで買う
hontoで買う
BookLive!で買う