………あれから変わらない月日が過ぎて学生も続けバイトも続け、親にはばれずに月日はすぎた。    
夏から春の間の妊婦生活。今から思うと冬に風邪を引くこともなく無事過ごせたことに感謝してる。   
土曜日曜とバイトに夕方から五時から十一時まで働いてお家にかえって。。

部屋についた時はズキンズキンとなぁーんか鈍く痛い。。

ついに来た!!。    私の死ぬ時なんかな?。 覚悟を決めサッと部屋を片付け。
ベットに横になった。。 じわじわお腹が痛い、重い感じ夜中一時ごろはまだ三十分おきだった。。   まだ耐えれる痛みだった。真夜中で良かった。   家の中はスゴク静か。   私は一人二階だから親は下。。こんな時間に部屋にはこないし。 

そんなこんなで朝5時すぎ。。痛みがピークに!!。 うーっと力みも出て来た。 痛い。納まってもすぐくる痛み。。

私は一階の母の部屋に堪え切れずむかってた。   痛い!母に言おう!   ドアを開けたとたん?  母がいない??。。   弟が一人寝てた。    えーっ?。私は二階に戻った。下着を脱ぎバスタオルをひいて四つんばいになり枕をだいた。

ホンで見たように今度痛くなったら力んでみよう。

何十回力んだろう??。 あっこから黒い頭がみえたでも少しのテンコツ。    見えてるけどそれ以上力むことが出来ない。避けそうで痛いよぉ。

何回か痛みをこえて!  覚悟を決めた。     次で生むぞー!。    枕を抱き締めなおして! ぐぐーっ!!      いたぁぁぁぁい!!   まくらに押しあてて小さく叫んだ!。       ぐぐーっ!ぐぐーっ!  出血と共にお湯が出てきた。。ベットが。大変。 でもその瞬間ぬるっと  赤ちゃんが出てきた。肩ぐらいまで。。   
私は震えながらまたの間からあかちゃんを引っ張った。いたぁぁー(Тωヽ)。 赤ちゃんが泣いた。   おぎゃぁぁぁあ!。 私は涙が出た。恐怖で体が震えてる。血だらけのベット。。赤ちゃんはでて痛みもあっという間に納まった。でもマタからへそのうがぶらさがってる。まだ胎盤が出ないといけないだ?。。ホンで勉強してた甲斐があった。