刑事が宇佐目の話を聞き終わると、言乃は彼女に携帯を見せた。

彼女は目を丸くし、言乃をまじまじと見つめる。
それから困ったように視線を外すと、炯斗と目が合った。

刑事はつかつかと炯斗に歩み寄り囁いた。

「あの子なんなの?」

「なんなのって女の子じゃないッスか」

刑事が炯斗を睨むと炯斗はあわてて言い直した。

「ぶっちゃけ俺もそんなに知らないんスよ、知り合ったばっかしで」

刑事は怪訝な目で炯斗を見る。

この作品のキーワード
推理  幽霊  三角関係  ミステリー  殺人事件  コラボ  過去  シリーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。