翌日


昨日、炯斗はそのまま家に帰らされた。


その道中、言乃は「何か見なかったか」と激しく問いただした。


訳がわからず狐につままれたような面持ちで、何かが視界を過ったことだけを話すと、言乃は一人考え込んだ。


そして別れ際に明日も同じ場所に来るように言われ、炯斗は今日もまたトンネルの出口に降り立った。

「…まだ誰もいない…?」

仕方ないので、壁にもたれ辺りを見回す。


この作品のキーワード
推理  幽霊  三角関係  ミステリー  殺人事件  コラボ  過去  シリーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。