そして朋恵は呆れ笑いながら車で帰って行った。

車が見えなくなるまで手をふり見送った後、炯斗はおもむろに口を開いた。

「なぁ、ことのん。俺には本当のこと教えてくんね?」

【何のことです?】

「二件目の事件、俺たちが質問したことさ」

言乃は一瞬はっとして、眉をひそめた。

「悪いけどあの理由じゃまだ弱い。
ともちーも多分納得してない。 けど、これ以上何も聞けないて思ったから素直に帰ったんだ」

言乃の顔から表情が消えた。

この作品のキーワード
推理  幽霊  三角関係  ミステリー  殺人事件  コラボ  過去  シリーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。