炯斗は立ち上がり、彼女に歩みよる。
と、完全に怪しい人に思われたのか彼女の肩がビクリとした。

そんな怖がんなくても…

内心トホホと傷つきつつ話し掛けた。

「どうかしました?ここもう終わってますけど」

「あ、あの屋代言乃さんて」

「ん?あの子だけど」

言い終わるかどうかのところで彼女は言乃に近づき、頭を下げて言った。

「突然で申し訳ありませんが、お願いします!協力して下さい!!」

「は、はい…?」

言乃は目で炯斗に助けを求める。
だが炯斗はいない。

「え?炯斗くん?」

「スルーされた…」

よく見ると、炯斗は床に手をつき項垂れていた。

「………」

うん、いいです。

言乃は炯斗から目をそらし、彼女の肩を叩き、携帯を見せた。

【とりあえず、お話を伺いましょう】


この作品のキーワード
推理  幽霊  三角関係  ミステリー  殺人事件  コラボ  過去  シリーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。