コツコツコツ


静かなオフィス街に響く、ヒールの音。
もう慣れっこになってしまったけど、暗い夜道はやっぱりちょっと心細い。


少し前に購入したタンクフランセーズに目をやると、もう二十三時近くを示していた。


こんなこといつものこと。

だけど、昼間はあんなに人のあふれているこのオフィス街も、このくらいの時間になるとパタリと人が消え去って、寂しい街に変わる。


もう、駅までのこの道を、何度往復しただろう。

ゆっくり歩けば、二十分。
だけど、一度たりともゆっくり歩いたことなんてなくて、いつもだいたい十二、三分もあればついてしまう。


あら、ここの工事はいつの間に終わったんだろう……。
少し前までビルの側面に足場があったのに、今はすっかり取り去られて、壁が綺麗になっていた。