俺の腕の中でもぞもぞと落ち着かない野田の髪をそっと撫でる。

……そうか。
好きなのか……。

だとしたら、この気持ちが確かなら、
全てにおいて説明がつく。

キスしたかったのも、
抱き締めたのも、
部屋に何の抵抗もなく引き入れたのも……

………触れたい、と思うのも………

好きだからだったのか。



……気付けよ、俺。
遅えよ。


「あの、赤崎」

俺に抱き締められたままの体勢で野田が話しかけてくる。

「何」





この作品のキーワード
俺様  オフィスラブ  美男子  同僚  大人  イケメン  ラブコメ