「私は……あんたの捌け口に…
なれるの…?」

「…は?!」

…いきなり、何だ!?
その質問は?!


「お前…何言ってんの…?」

俺を見つめる瞳が、また次第に潤み始める。


「私は…、赤崎にとっては、ゴリラか、ケモノ…なんでしょ…。

あんたの、役には立たないでしょ…」


な、な、な、な、…何を…?

真に受けるか…?普通…!


「あのな、…野田…、」


「私なんかとどうにかなっても…
あんたは…満足しないわよ。

……あんたにとっては、…
……動物なんだも……」


「この、バカ!!」




この作品のキーワード
俺様  オフィスラブ  美男子  同僚  大人  イケメン  ラブコメ