「……?」


「好きって言ってよ……って。
俺の心を揺さぶったのは……おまえだろ?」


「あ……あれは……」


私をゆっくりと離しながら、私の肩に両手を乗せると、見たこともない優しい顔で長谷川くんは言った。


「おまえも、さ。
こんな顔ができるなら……。
試しに、俺の彼女にでもなってみれば?」


「……っ」


「一緒に……さ。
今までと違う景色を眺めるのも、悪くないだろ?」