何の苦労もなく、悠々と生活を送ってきた女の子・星川芽依。

幼い頃から憧れだった木ノ宮学園への入学が決まり、新たな一歩を踏み出そうとしていた。

しかしそこで待ちうけていたのは、個性的な生徒会メンバーだった────


“大切な場所やっとみつけたよ”

目次

この作品のキーワード
学園  生徒会  乙女  逆ハー  恋愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。