俺達は今、福島県のとある岬に来ている



その下は海

高さは約25メートルある



冬休み真っ只中の早朝

俺達以外に、誰もいない




まだ日の昇りきれていない空

雪がパラつく銀世界


波が岩にぶつかる音

潮の匂い



その全てが、俺達の望んでいた光景




だけど吐く息すべてが白いから、ちょっぴり切なくもなってくる



「──…やっと付いたね、兄ちゃん……」


「……ああ、やっと───…」



寒くて冷たくなっているけれど、強くしっかりと握られた俺達の手


彼女の小さな手が、少しだけ震えているのが分かる



「──…大丈夫か?」


「……うん、大丈夫だよ…。」



彼女は優しく、笑って答えた



「…じゃあ、行こうか…っ」



俺はその小さな手をさらに強く握り、岬の先端を目指して

彼女と供に歩きだす






ここで終わるのか、始まるのか


俺達の行く先を知る者は、この世でたった1人しかいない


この岬の先に、本当の幸せがある



その幸せを信じて、俺達は一歩ずつ、歩きだす






これは禁断の欲に染まった、俺達の恋物語です───…。