夕方 6時

今日は無事ほぼ定時に終わった。

社長も今晩は副社長と取引先の人達との会食だ。

「お疲れ様でした」

「……」

「行ってらっしゃいませ」

深々お辞儀。

うん?

頭を下げた私の目の前に社長の靴が…と言うことは私の前に社長が立ってる訳で…

肩捕まれて頭を上げさされた。

「……」

やばい!また キ、キスされる。

慌てて、手の平で口を覆った。

そんな私を見て

「フッ 馬鹿!」

私の手を掴み、口から離して…キスする。

が、すぐ離れ

「行って来る」

部屋から出て行った。


…ほんとに、もぅ!



この作品のキーワード
俺様  ドキドキ  胸キュン  社長様  秘書  誘惑 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。