10月にもなると、街路樹から舞い落ちた枯れ葉がコンクリートの地面をカサカサ鳴らすようになる。

通学中の冷たすぎる秋風は、寝起きのこの体をたたき起こすかのように強く空(くう)を切る。


《おはよう。これから学校行く。

バイト行くとき、気をつけてな》

いたって普通な大学生。俺の日常。

3日に1回だけ、春佳(はるか)のメールへ返信している。

その瞬間だけは何よりも幸福を感じた。


起きた瞬間に浮かぶのは春佳の顔。

ゆうべ、寝る直前まで電話してたからかな?


愛しいけど、毎日好き好き言いたいけど、ワケあってメールは毎日しないことにしてる。

あっちからは毎日、業務連絡かのように1時間刻みで来るけど。

春佳のメールで始まり、春佳の声を聞いて終わる毎日。

こんな日が、もう半年続いてる。

この作品のキーワード
大学生  短編  劣等感  失恋  遠距離恋愛  男目線  純文学  純愛  切ない  一途 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。