帰りがけ、スーパーに寄ってチョコと生クリームを買った。

「何で生クリーム?」

怪訝な顔をする芳樹。
紘哉は全く動じずに淡々と答える。

「3時のおやつ作るから」

「今までそんな事してなかったのに?」

「気が変わった」

「と言うか、お菓子作れるのかい?」

「まぁ、うん」

スーパーにいる間、芳樹はずっと不思議そうな顔をしていた。

この作品のキーワード
探偵  誘拐  推理  ミステリー  高校生  たまにギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。