春野家。
紘哉はちゃんと、悠里の元へやって来た。

あれから9時間、彼はみっちり拘束されていた。

外の状況が知りたい。
たまに悠里の目を盗んで携帯を開くも、全く連絡は入っていなかった。

「『be to 不定詞』って無限の可能性を秘めてるんだよ」

「そうなんですか」

相づちを打つも、全く頭に入ってこない。

そんな紘哉の気も知らず、悠里は楽しそうに授業を続ける。

この作品のキーワード
探偵  誘拐  推理  ミステリー  高校生  たまにギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。