「何かあったんですか?」

肩で息をしながら警察署に駆け込んだ。

そこには深刻そうに腕を組ながら立っている狸翠がいた。
そして、その後ろには俯いたまま席に座る雄太郎。

紘哉の動きが一瞬止まった。

「どうした?」

「いえ、何でも……」

狸翠に不思議そうな目で見られ、視線をそらす。
狸翠は首をかしげ、手元の書類に目を落とした。

「まぁ、いいや。少し進展があった」

この作品のキーワード
探偵  誘拐  推理  ミステリー  高校生  たまにギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。