星が瞬く夜、一馬さんは待ち合わせの駅まで車で迎えに来てくれた。

白のステップワゴンで広々とした車内。

会社帰りなのか、前と同じように清潔感のあるスーツを着ている。


「今日の格好も可愛いね」


褒め慣れている感じで、一馬さんは助手席の私を見てさらりと言った。


今夜の私は、清楚に見える紺地に白のドット柄のワンピースを着ていた。


「そんなことないです……」


いつもの癖で否定してしまうと、一馬さんが軽くため息をついた。


「素直に“ありがとう”って言えばいいのに」

この作品のキーワード
結婚願望  地味  契約  婚約  腹黒  毒舌  プロポーズ  家族 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。