「『お前はイヤだ、イヤだ、と言うが……ここは俺を欲しがって鳴いているじゃないか……』

王子の細く白い指が、ペチコートの中に忍び込み、エリスの脚の上を這う。じらすように、煽るように。

思わず息を漏らすエリス。

逃げなければと、冷静な部分が叫んでいる。けれど体が動かない。

王子の言うとおり、私はこれを望んでいたのだろうか……。


『エリス。脚を開きなさい』


肝心なところに触れかかった王子の指先が、ゆっくりと彼女の脚の間に沈んでいく。

王子の声は、決して張らないのに、むしろ上品な口調であるのに、エリスの体を揺さぶる、艶があった――」