「・・・」


頑張って、眠たい瞳を擦りながら、待ってるのに愛斗はちっとも来ない。



コンシェルジュデスクの内線を鳴らすけど、呼び出し音だけが、私の耳に無情に響き渡る。


ここぞと着る勝負下着を身に着け、その上にネグリジェではなくもう少し、露出の高いベビードールを着た。




鏡に映る私はコールガール。



見せる相手が居なきゃ…着た意味がない。



「はぁー」



私は喉奥から深い溜息を漏らして、ダブルベットに仰向けに転がる。



誘ったのは愛斗なのにーーー・・・


私にこんなカッコさせて…


ドタキャンするなんて絶対、許さない!!


この作品のキーワード
男目線  ツンデレ  ホテル  甘々  眼鏡男子  逆ハーレム  俺様  イケメン  許婚  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。