愛斗が眼鏡を外した。



黒く優しく澄んだ瞳が私を食い入るように見つめる。



愛斗の素顔を見たのは12年ぶり。



別に眼鏡の男は嫌いじゃない。知的に見えるし、愛斗の眼鏡姿はとっても素敵。




あの時言った言葉は嘘…テレ隠し。



お父様から愛斗との婚約を聞かされた時、正直、天にも昇るキモチだった。



だって、愛斗は初恋の人だから。



夏休みが終わって、愛斗の方から婚約破棄された時はショックでなかなか立ち直れなかった。






この作品のキーワード
男目線  ツンデレ  ホテル  甘々  眼鏡男子  逆ハーレム  俺様  イケメン  許婚  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。