「・・・」


遮光カーテンの隙間から細く眩い光が部屋に差し込む。


俺は目を開ける。


缶ビール1本でいつものように、眠りに落ちてしまった。


しかしなんだか布団にしては身体が重い。

「!!?」


俺の隣で大の字になって、由可奈が寝ていた。



蛍光オレンジの2本線の入った紺色のジャージ姿。


ジャージならウェイトレスの制服姿の方が良かった…


腹出して、寝てるし、ヨダレまで出てるぞ・・・


オンナの色気が全く感じねぇー


この作品のキーワード
男目線  ツンデレ  ホテル  甘々  眼鏡男子  逆ハーレム  俺様  イケメン  許婚  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。