あの元族ヤンの大ちゃんが愛斗に舎弟をお願いするなんて…



大ちゃんよりも身体つきは華奢で背丈も低いのに、喧嘩は強いんだ。



意外だなー愛斗。



私はスイートに戻って、デスクに座って、昨日書いた文章をパソコンでチェック。



-----最低だなんて言ったけど。


同じベットの上で眠り込んでしまった私も軽率だったと思う。



「・・・」



素直に謝ったほうがいいよね。



「桜先生~」


担当のあっちゃんがやって来た。





この作品のキーワード
男目線  ツンデレ  ホテル  甘々  眼鏡男子  逆ハーレム  俺様  イケメン  許婚  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。