夕食のルームサービスも愛斗が運んで来た。



「林さんは?」


「会社に戻った…」


私は冷蔵庫から取り出した缶ビールを手に夕食のメニューの並んだテーブルの椅子に座った。



「夕食のビールとはいい身分だな…」
愛斗は少し皮肉げに呟く。



「愛斗も飲む?」



「勤務中なので、遠慮しときます…」


「って言うか…お酒飲むと寝るんでしょ?」



皮肉を皮肉で返す。


「・・・お前の家系のように酒豪じゃなく、ウチはみんな飲めないんだよ」



「小早川家の血筋とは…知らなかったわー」



この作品のキーワード
男目線  ツンデレ  ホテル  甘々  眼鏡男子  逆ハーレム  俺様  イケメン  許婚  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。