「……こんなに食えないっつの」



二人前の山盛りカルボナーラを目の前に、俺はため息をつく。


半分はソース絡めないで取っときゃよかったな……クリーム系二人前は正直きつ……


そう思いながら仕方なくフォークを手に取った瞬間、家のチャイムが鳴った。



誰だ……?



玄関に行き、扉の覗き穴から
訪問者を確認する。



「……また美香かよ」



そこに居たのは、一年前まで付き合っていた元カノの春山美香(はるやまみか)だった。


俺に未練があるらしく、別れたにも関わらず時々こうして家に来て復縁を迫ってくる。


そういう性格が嫌で別れたっていうのに気づかない、面倒な女。


いつもはうざいと感じるけど今日は許そう。


……パスタを片づける協力者ってことで。


この作品のキーワード
主婦  年下  浮気  不倫  夫婦  大人