安くて薄いカーテンの隙間から洩れてくる朝の日差しで目を覚ますと、隣に美香は居なかった。


……先に起きたのか?


眠い目をこすりながら台所に行くと、ラップのかかった朝ご飯が用意してあった。


味噌汁とサラダと、俺好みの半熟の玉子焼き。


そしてその横に小さなメモがたたんであった。



『トーストだけは自分でやってね。
昨夜のエッチすごくむなしかったよ。
慶の気持ちは1ミリも私にないんだってやっとわかった。

今までしつこくしてごめんね?
なるみとかいうおばさんとせーぜー仲良くね。ばいばい』


今更ながら、美香にひどいことをしたなと思う。

でも、どうやらわかってくれたみたいで安心した。


俺は読み終わったそれをくしゃっと丸めて、ゴミ箱へ放り込んだ。


この作品のキーワード
主婦  年下  浮気  不倫  夫婦  大人