店にいた最後の客を見送ると、俺はバイトの制服であるエプロンのポケットに手を突っ込んだ。

そこには小さく折り畳んだ紙が
一枚入っている。

成美さんが置いていった、あの書き置き……


ポケットの中でそれを弄びながら、俺は未だに会えない彼女に思いを馳せた。


手紙を残す位なんだからあの人も俺に会いたいはず……

そう思ったのにこの一週間、何もなかった。


やっぱ人妻落とすなんて無理なのかなー……


紙を握る手に力を込めたとき、自動ドアが開いて一組の男女が入ってきた。



「いらっしゃいませー……」



何気なく目で追いながらそう言うと、女の方と目が合った。



「……な、るみ……さん……」



……会えた。


この作品のキーワード
主婦  年下  浮気  不倫  夫婦  大人