気付いたらいつも一緒だった



あたしに彼氏ができても


あいつに女がいても




そしてあたし達は
特別な存在になった