ぼやける視界。
徐々に焦点が定まってくる。
見慣れない天井。

ここは、どこ?

羽兎はゆっくりと起き上がった。

シアのような天蓋付きのベッドに寝かされていたことに気付く。

部屋は暗い。
羽兎の視界の中に窓はなかった。
ベッドの側のテーブルの上に、ちょこんとランプが置いてある程度だ。

その側に立っている人影。

「――おはよう」

それはゆっくりと言葉を発した。

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  誘拐  ミステリー  ギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。