一ヶ月前、私は事故に遭った。
目が覚めたら、知らない男性が隣にいて、半泣きで私を「ユリ」と呼んだ。


私は、覚えていない。

自分が、本当に“ユリ”なのかさえも。



この作品のキーワード
記憶喪失  事故  短編  プロポーズ  指輪