かって父が働いていた警察の中枢。



父に似て、頭もよかったら…私もここで働いていたかもしれない。



普段は雲の上の警視監と対面。


息子に似て、なかなか整った顔立ちのオジサマ。



「君がウチの息子の…気に入った女性か…」



「初めまして…警視庁捜査一課特別捜査係の斗田心愛です」



「噂には聞いてる…特捜のじゃじゃ馬娘だろ?」



「・・・」
そのあだ名は大嫌いで…一瞬、ムッと眉根を歪める。


でも相手は警視監。


私は顔を引き攣らせながら、笑って流す。


この作品のキーワード
復讐  恋愛  刑事  ヤクザ  俺様  イケメン  特殊能力  許婚  社内恋愛  御曹司 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。