次の日。

恐る恐る、教室へ入る。

クラスメイトたちは私の存在に気づくと、いつも通りに「おはよーミアちゃん」と声をかけてくれた。

そのことに思わずホッとしながら、「おはよー」と返す。


……よかった。

シロの言ってた通り、竜崎くんは昨日のことを誰にも言ってないみたい。

よくよく考えてみれば、最近シロとの接触を、学校の人に見られることが多すぎるのよね。

この前、シロが私に話をするために、クラスへ度々訪ねてきた日も。

私もあのときは必死で無視を決め込んでいたから、周りのことを気にする余裕がなかった。

その次の日に、クラスメイト達から口々に『進藤くんと何かあったの?』と訊かれて、ようやく気づいたのよ。

みんな、学校のお姫様と王子様の関係に、興味津々。

芸能人といったら言いすぎだけれど、それくらいに、私達の噂はみんなの間で話題になる。


私ったら、馬鹿。

気をつけないと…油断していたら、本当にバレちゃうわ。


この作品のキーワード
デレツン  王子様  わがまま  文化祭  猫かぶり  幼なじみ  美少女  イケメン  おバカ  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。