その日の帰り道、りさに昼休みのことを話してみた。


すると、りさは眉を寄せて、「なにそれ?」と言う。


「誰とも付き合う気ない、なんて……健全な高校生とは思えない発言だわ」

「ま…まさかシロ、女の子に興味がないとか」

「それは……できればあって欲しくないわね…」


りさが、遠い目をする。

夕日で染まった道路を見つめながら、私はため息をついた。


「…ダメだわ、全然わからない。シロは何考えてるの?」

「わかったら苦労しないわよ」

「幼馴染の私達にわからないんじゃ、誰にもわかんないわ」

「あたしは真白のことは最低限理解できてればいいわ。あいつの頭の中ブラックホールだもの。怖い」


鉄の女りさにここまで言わせるなんて、一体シロは何者なのよ。


再び、ふたりでため息をつく。

そのとき、目の前に大きな何かが立ちはだかった。

驚いて、顔を上げる。

そこにいたのは、デカイ図体した学ラン姿のふたりの男。

いかにもヤンキーって感じ。

彼らは私を見下ろすなり、眉を寄せた。




この作品のキーワード
デレツン  王子様  わがまま  文化祭  猫かぶり  幼なじみ  美少女  イケメン  おバカ  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。