「姫宮さん、いる?」


その日の、昼休み。

りさと教室でお弁当を食べていたら、にっこりとした笑顔を浮かべた彼が、私のクラスにやってきた。


「……しんどー、くん…」

「ちょっと、いいかな?」


怖いわよその笑顔!

ハタから見れば王子様スマイルかもしれないけど、私にはわかるわ。

それが、怒ってる時の笑顔だってことくらい…!


「……いってらっしゃい、ミア」

肩を震わせる私の背中を、無慈悲にもりさは押してくる。

いやよ、怖いわよ!

怒った時のシロは、恐ろしいのよ!


「…姫宮さん?」


なかなか席を立たない私を、ドアのそばに立ったシロはやっぱり強い声で呼んでくる。

…嘘を吐いた、罰ね。

いいわよ、受けて立つわ。

観念した私は、仕方なくお弁当を中断した。

シロのもとへ足を進める私を見て、クラス中がざわめく。

…滅多に話さない、私たちだものね。

それが、わざわざシロから呼びに来たんだから。

驚くのも、仕方ない。



この作品のキーワード
デレツン  王子様  わがまま  文化祭  猫かぶり  幼なじみ  美少女  イケメン  おバカ  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。