翌朝、金曜日。


昨日の夜、シロが帰ったあとにりさへメールをしておいた私は、家を出ると向かいの家へ歩いた。

久しぶりに、りさと一緒に登校する。

彼女は眠そうな顔をして、家を出てきた。


「…で、どうしたのよ。いきなり一緒に登校したい、なんて」


りさはいつも遅刻ギリギリに登校して来るタイプだから、普段は一緒に行かないのだけれど。

昨日のことを愚痴ろうと思い、一緒に登校しようと言ったのだ。


「……ちょっと、昨日、ね」


りさの家の前で、目をそらしながらそう言うと、彼女はため息でもつきそうな顔をした。

「…また真白?」

「……………」

「本当に最近、色々あるわねえ。進展してんのか後退してんのかわかんないけど」

どちらかというと後退してるわね!!

そう叫びそうになって、私の家の隣の玄関が開いたのに気づき、慌てて口を塞ぐ。


「あら。おはよう、真白」


りさがそちらへ向かって、いつも通り手を振る。

けれど私は、振り返らなかった。

後ろから、シロの声がする。


「おはよ」

「…………」

「…ミア?」


シロに何も言わない私に、りさは眉を寄せた。

彼女はシロの方を見て、ますます怪訝な顔をする。

やがてシロが登校していくと、りさは再びこちらへ視線を向けた。



この作品のキーワード
デレツン  王子様  わがまま  文化祭  猫かぶり  幼なじみ  美少女  イケメン  おバカ  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。