そんな時、麻衣子から連絡があった。

「詩雨子、久しぶり。

 
 ねえ、おもしろそうだからつきあってくれない?」

「なに?」

「婚活パーティーのサクラをやらないかって頼まれて。」

「ええ?」

「アキもくるから、行こうよ。」

「うん。いいけど。サクラって・・・」

「パーティーに行って、

 適当にその場の雰囲気に合わせてればいいって。

 さそわれても、断ればいいし。」

「うん。サクラがいるくらいだから、たいしたことないわね、きっと。」

「いいじゃない。そういうのも。

 普段出逢わないタイプの男が、くるかもよ。」