翌朝、美保は仕事があるからと言って、

早く家を出た。

「休みとらなかったの?」

「うん。遅番だから間にあうと思って。」

「そう。じゃ、気をつけてね。」

「ありがとう。詩雨子。また、帰っておいでよ。」

「うん。また。」

彼女を見送った。

私は、休みだった。

どうしようかな。

というより、心に入ってきた

新しい男。

そんない言い方は似合わない。

ジョンフンのことを考えていた。