「ふぅ~」

食器を洗い終えタオルで手を拭いていると、何か冷たいものが顔に当てられた。

「キャッ」

その冷たさに驚き小さな悲鳴を上げると、後ろから笑い声が聞こえてきた。

「はははっ。ほんと百花って可愛いよな」

また可愛いなんて……。そこに本心はどんだけあるのやら。
そう思うのに、ちょっと嬉しくってニタニタしてしまう私って……。

顔を何とか真顔に戻し課長の方を振り向くと、「ほらっ」っと手にしていた何かを私にポイっと軽く放り投げた。
それを両手で受け取る。
さっきの顔に当てられたのは、これだったんだ。

カクテル。春らしいピンク色の小さめの缶。

「桃のカクテルなんだ。春限定缶だって」

イスに腰掛けると、黙って課長を見つめる。

「もう少し飲まないか?」

その声には艶っぽさが、目には熱を帯びているように感じた。

この作品のキーワード
恋愛初心者  天然OL  イケメン上司  強引  胸キュン  ほのぼの  甘々  ラブコメ