もしお家でさくら茶を淹れる機会があれば、その時のポイントをひとつ。

お湯は、熱湯ではなく、80度くらいに冷ましてからゆっくりと淹れてあげてくださいね。

そうすると水色が濁らず、渋みの少ない綺麗な水色の「さくら緑茶」がはいります。

蒸らし時間は2〜3分で。

今週はさくらを眺めながら、日本人らしく和ハーブを楽しむのも粋ですね。

この作品のキーワード
ハーブ  美容  健康  エッセイ  大人  ストレス  実用  お茶  OL  主婦 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。