不意打ちのような陣のキスの後、私はいろいろと考えた。
 しかし、答えは出ず、どんどん混乱するばかりだった。

 だけど、一つだけ言えることは、凍りついた感情が、あのキスで、あっさり解凍されてしまったということだった。

 あのキスは、卑怯だった。
 せっかく、封をしたのに。
 せっかく、友達でいようとしたのに。
 どうして、陣は、あんな行動をとったのか。

 陣が、私のことを好きになった。

 単純な私は、そういう風にしか、行動の理由が思いつかなかった。
 しかし、そんなわけがないと、すぐに思い直す。
 結局は、陣にしか、その理由はわからないのだ。


 翌日、私は陣に呼ばれて、彼のアパートにいた。
 明らかに陣は挙動不審で、私のことを見なかった。
 自分が呼び出したくせにと、それを不満に思った私は、

「こっちきて、座んなよ」

 ぽんぽんと、私の隣を叩く。
 陣は何も言わずに私の隣に座った。
 そのことに安心した私は陣に甘えるように擦り寄った。
 キスのこともあってか、ちょっと甘えたい気分になっていたのだと思う。

 私の安全地帯が、完全に消えてしまった証拠だった。
 そしてそれを陣が受け入れるかどうか、試したのかもしれない。

 陣はそんな私を、拒絶しなかった。
 二人で、何も言わないでぼやっとしていると、陣が私を見た。

「?」

 私も陣を見上げた。
 陣の顔が近付いてくる。
 私はそれを、受け入れた。
 何度も、何度も、陣は私の唇に触れた。
 私もそれに、応えた。
 それは、不意打ちじゃないキス。
 陣が、ふと硬直して、

「俺、間違ってる……?」
 
って、呟いた。

この作品のキーワード
切ない  片思い  友情  純愛  大学生  浮気  純文学  プログラム 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。