新しいアパートの契約も済み、就職先も決まった。
 着々と準備を進めて、卒業式も二日後に迫っていた。


『みあ、王子には本当に何も言わないの?』
「うん、何も言わない」

 ひゅかからの電話だった。

「卒業式の次の日には、引っ越す」
『でも、みあ……王子に手紙でも書いたら?』
「手紙?」
『あたしとしては、王子がみあの気持ち何にも知らないままとかは、悔しいから』
「…………」
『みあが思ったこと全部、書いてさ』
「うん、考えておく」

 私は電話を切った。

「手紙、か……」

 全部書き綴るのも、いいかもしれない。
 でも、陣はきっと傷つく。
 私の本当の思いを全部綴ったら、きっと陣は怯む。
 だけど、私が我慢してきたこと、伝えたほうがいいかもしれない。
 自分に対する戒めにもなるから。
 もう繰り返さないという、意思表示にもなりそうな気がしたから。

 私は、レターセットを取り出した。
 机に座って、ペンを握る。

「…………」

 私は、もうすぐ陣と会えなくなる。
 私は陣への想いを、綴りはじめた。

「……っ」

 書いているうちに、手元が震えた。涙が、書いた文字をにじませる。
 思えば、私は陣の前で泣かなかった。
 陣は、私の涙には気づいていなかっただろう。
 だから、この手紙を読んだとき、気づけば良い。
 どれだけ、私が陣を想っていたか。

この作品のキーワード
切ない  片思い  友情  純愛  大学生  浮気  純文学  プログラム 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。