あれから、五年という歳月が過ぎた。

 私が就職したのは、個人経営のITベンチャー企業。
 アットホームないい職場だ。
 仕事にも慣れて、今では後輩もいる先輩だ。

 正直、あういうふうに、陣と離れられるとは思っていなかった。
 自分の決断と、行動力を見損なっていたらしい。

 五年も経つと、あの頃の事は思い出として思い出せるようになってきた。
 だけど、たまにふと思い出して、寂しい想いをする。
 それでも、私は今、一人で歩いている。
 以前のように、誰かに依存するようなことは、していない。
 おかげで、婚期を迎えた今も、独り身である。

 恋は、もうこりごりだと思っている節もある。
 新しい恋をはじめるには、いろいろありすぎた気もする。
 だけど、あれからもう五年だ。
 もうそろそろ、心を開いても良いかもしれない。


「佐川さん、この前頼んでたやつ、どう?」
「はい、うまくいきそうです」

 今、会社では、大きなプロジェクトに取り掛かっている。
 新しいゲームの機能に取り入れられるプログラムの開発だ。
 このプロジェクトではゲーム開発で有名な某王手企業とも提携している。
 私も、プロジェクトチームの一員に選ばれた。
 そうして多忙ながら充実した日々を送っている。

「佐川ちゃん」
「はい、あ、木戸さん?」

 木戸篤さんは、もっぱら営業部出の広報担当の人で、このプロジェクトチームでは、交渉の一端を担っている。
 長身の素敵な人で、人を惹きつける独特の雰囲気を持ってる人だ。

「明日相手企業と打ち合わせがあるんだ。佐川ちゃんも顔出して」
「あ、はい、わかりました」
「よし、明日受付で三時、出迎えに付き合ってくれ」

 と、木戸さんは少し考えるような顔つきになった。

この作品のキーワード
切ない  片思い  友情  純愛  大学生  浮気  純文学  プログラム 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。